医師

メディカルダイエットでも改善できる無呼吸症候群

痩せて無呼吸改善

聴診器

眠っている時に急に呼吸の止まる睡眠時無呼吸症候群は、自分で気付くことが難しい病気となっています。そのため、肥満の方や日頃から疲れが取れない方はクリニックで診断を受けてみましょう。

詳細を読む

オススメサイト

  • 自律神経失調症の改善大百科

    自律神経失調症のトラブルについての情報を調べておきたいと思っているならここを確かめてみよう。詳細が知りたいならチェック!

受付をしよう

男女

近年、内科のサービスは向上しています。待合室にキッズスペースが設置されていたり、Wi-Fiが利用できるようになっていたりします。そして、要約受付システムを導入している内科も新宿には多くあります。

詳細を読む

良性の腫瘍

看護師

髄膜腫と診断された時、腫瘍と聞いただけで悪性腫瘍をイメージしてしまいがちです。しかし、髄膜腫は良性の腫瘍です。なので、安心してください。しかし、腫瘍の大きさによっては手術が必要になってくる場合もあります。

詳細を読む

自覚が難しい無呼吸症候群

医師と患者

眠りというのは人間に取って非常に重要な事です。眠ることで疲れを癒やすことができ、翌日元気に働くには十分な睡眠が必要となってきます。そのため、多くの方が正しい睡眠を心掛けようと努力しており、人間に最適と言われる7時間〜8時間の睡眠を取っている方が多いです。しかし、このような正しい睡眠を取っていても疲れが取れない場合があります。そんな時には、睡眠時無呼吸症候群を疑いましょう。睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に呼吸が止まってしまう病気で、呼吸が止まるだけでなく疲れが取れないことで知られる病気です。また、頭痛や集中力の低下も招いてしまう病気なので、無呼吸症候群の疑いがある方は病院で治療を受ける必要があります。放っておいてしまうと、不眠症になる恐れもあるのですぐに治療しましょう。

睡眠障害の1つである無呼吸症候群を病院で検査する時には、主に2つの検査法を用います。その検査方法がスクリーニング法と睡眠ポリグラフ法です。スクリーニング法は睡眠中の記録を取る検査となっており、自宅で専門の機器を取り付けることで検査出来ます。睡眠ポリグラフ法は、入院して調べる検査で血液中の酵素レベルを調べあげ、無呼吸症候群であるか検査します。このように、2つの検査方法がありますが、基本的には寝ている間に行う検査なのであまり違いはありません。違いがあるとすれば、自宅で出来る検査か病院で受ける検査の違いがあるので、医師と相談して検査方法を選びましょう。太っていることで呼吸器官が狭くなっているのであれば、メディカルダイエットを利用する手もあります。メディカルダイエットは痩せるためには効率の良い方法となっていますので、試しましょう。