良性の腫瘍|メディカルダイエットでも改善できる無呼吸症候群
医者

メディカルダイエットでも改善できる無呼吸症候群

良性の腫瘍

看護師

髄膜腫は、良性脳腫瘍の一つです。髄膜腫が発症することによって、様々な症状を引き起こします。代表的な症状として、手足のまひや高次脳機能障害、けいれんを挙げることができます。この髄膜腫は、比較的軽い症状の病です。頭痛で通院し、CT検査でたまたま見つかるということがほとんどです。また、もし見つかったとしても、髄膜腫が大きくなければ前述の症状も実感することはありません。そして、すぐ大きくなるわけでもないので、手術を急ぐことはないでしょう。医療機関の予約の空きや自身のスケジュールを確認して手術日を決定しましょう。医師によっては、腫瘍の大きさを確認して、手術は不要と判断することもあります。その場合は、定期的に検査を受けるだけで大丈夫です。しかし、体調に変化が現れた場合には、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

髄膜腫は検査の時に見つかることが多いので、初めの診断は内科で行われることがほとんどです。そして、髄膜腫の疑いが強かったり、髄膜腫と判断された場合に、内科から脳神経外科を紹介してもらえるでしょう。発覚時に腫瘍が大きかった場合には、大学病院や総合病院などを紹介してもらえるはずです。もし、切除手術が必要になったとしても心配することがありません。悪性腫瘍のような手術後の通院などは不要なのです。なので、安心して手術を受けるとよいでしょう。また、急いで手術をする必要がない場合には、ネットで優良な医療機関を探して通院するのも一つの手段です。